switch版Fortniteで超初心者が上達のためにやったことまとめ!建築・エイム練習・立ち回り・設定【フォートナイト】

ゲーム
スポンサーリンク

世界で社会現象になっているFortnite、めちゃめちゃおもしろいですよね。

でも建築にエイムに立ち回りと練習することが多いくてどうすればうまくなれるかわかならいという人も多いと思います。

僕も決して上級者ではありませんが、1年間プレイしてswitch勢の中ではそこそこ戦えるレベルまでは成長しました。

ソロでビクロイも1日1回はできるようになりました

そんな僕がNintendo switch版Fortniteで上達するためにやったことをすべて教えます

設定変更から建築とエイム練習、うまくなるために意識したことを全力でまとめました。

なかなか勝てない! 自分の力でビクロイを取ってみたい! 友達に差をつけたい! という人はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

設定のカスタマイズ

まずはメニューの設定から各種設定を最適化します。

コントローラー設定をビルダープロにする

コントローラー設定はビルダープロ一択です。

ほかの設定と比べて建築の速度が段違いなので今までビルダープロ以外でプレイしていた人はビルダープロで練習しなおしましょう。

今の設定で慣れてるから…と思っても上達したいならビルダープロで練習したほうが圧倒的に成長が早いです。

細かいカスタマイズをしたい人はカスタムでボタン設定を編集しましょう。

僕はビルダープロを元にカスタムで編集ボタンだけLスティック押し込みに割り当てています。

ジャイロ設定をONにする

ほかのプラットフォームにはありませんが、switch版にだけジャイロ機能が実装されています。

switch版でプレイするならジャイロをONにしたほうが有利です。

ジャイロを有効にするには「モーション有効」をONにし、モーション軸を「偏揺れ」に設定すればOKです。

あとは各動作のモーション感度を調整しましょう。

ジャイロを使うと特に近距離でのショットガンのエイムがかなり合わせやすくなります。

スプラトゥーンなどをプレイしている人ならすぐに慣れると思いますが、初めてジャイロを使用する人は慣れるまで少し酔うかもしれません。

便利な設定

消耗品を右側に自動ソートをON

ポーションや包帯、グライダーなどの消耗品を拾ったときにアイテムスロットの一番右に自動で置いてくれる設定です。

少しの手間ですが、アイテムを拾ったときの入れ替えの手間が減ります。

初動などの武器切り替えミスが減るのでONにしておきましょう。

サウンドエフェクトを視覚化するをON

設定の「アクセシビリティ」タブでサウンドエフェクトの視覚化をONにすることができます。

宝箱の音や銃声、敵の足音がどちらの方向から聴こえているかが、画面に表示されるようになります。

ゲーミングヘッドホンをつけて音の聴こえる方向と距離がばっちりわかる、という人は不要ですがスピーカーで音を聴いていたり敵の位置がわからないという人はONにすることで情報量がグンと増えるので勝率が上がるでしょう。

音の種類はマークで、位置はマークの方向で、距離は色の濃さで判別できます。

建築偏

Fortniteの一番重要な要素は建築です。

初心者のころから今になるまで建築で意識したこと、練習したことをまとめました。

壁を張る癖をつける

まずは壁を張って防御!

ガチの初心者はまずこれから練習しましょう。Fortniteの基本です。意識して癖をつけてください。

撃たれたら即壁を建築

敵の方向がわからないならぐるっと視点を回しながら四方に素早く壁を建築します。

回復したり、味方を蘇生するときも壁を作って敵から攻撃されないようにしてから行うようにしましょう。

とにかく撃たれたら建築モードに切り替えて壁を建築、これが癖になるまで常に頭で意識しておきます。

家の中でも撃ち負けると思ったり、武器がないときは壁を建築すると1つ上のステップに上がれます。

上を取る意識を持つ

1対1なら上を取るゲームといっても過言じゃない

FortniteはTPSかつヘッドショットの概念があるので上を取ることでヘッドショットを当てやすくなり、自分は身を隠しながら敵の位置を把握することができます。

とにかく相手より高い位置を取ると有利ってことですね。

なので敵と対面したら壁と階段を作って上を取ってから攻撃するようにしましょう。

ただしあまり高く上がりすぎると落下した時のダメージを受けてしまいます。

階段3段分までなら落下ダメージはないので慣れるまでは3段程度までにしましょう。

 

階段で上を取りにいけるようになったら次は壁階段

壁をつけることで正面から壊されにくい

壁階段に慣れてきたら床壁階段を練習しましょう。床、階段、壁の順番で建築するとミスしにくいのでおすすめです。

床もつけているので真下からも壊されにくく、落下しにくい

このあたりは練習していけば指癖がつくのでクリエイティブでひたすら練習しましょう。

慣れるとYOUTUBEを見ながらでも床壁階段で上に駆け上がれるようになりますよ。

縦積みの練習

鉄積みとは壁を四方に作って階段、上に床を作ってまた4方に壁、階段を作り1マス内でドンドン上に積んでいく建築のことです。

敵の上を取るためや、終盤の安置で高い位置から攻撃するために使う技術です。

壁、階段、床を使うので複雑そうに見えますが、1動作ずつ順番にやっていけば難しい建築ではありません

資材が無限のクリエイティブモードで練習してまずはゆっくりでも確実に。

慣れてきたら素早く建築できるように意識してみましょう。

編集練習

編集はパターンを体に覚えさせよう!

壁貼り、壁階段、縦積みなどの初歩的な建築ができるようになったら建築の編集を練習しましょう。

壁を壊さずに編集して出たり、床を編集して穴を開けて下に降りたり、階段を編集して方向を変えたりする方法を覚えます。

編集はパターンを覚えるのが重要なので、どこをどう編集すればどんな形になるのかを実際に編集して覚えましょう

さらに高いレベルでは高速で編集してキルしたりもしますが、そこまでできなくても編集ができるだけで動きやすく、仲間の邪魔をしにくくなります。

編集練習はクリエイティブに練習マップがあるのでそこで練習するのが効率がいいですね。

僕がよく編集練習に使っているマップは以下のコードで行けるのでぜひ使ってみてください。

9322-1101-7622

建築バトルを敵に仕掛ける

建築バトルは数をこなして体に覚えさせろ!

建築バトルとは距離を取ってエイムで勝負するのではなく、建築で敵の上を取り合いながら近距離で戦うことです。

ある程度建築に慣れてきたら敵と1対1になった時は積極的に建築バトルを仕掛けていきましょう

強い相手にはもちろん負けますが、なんで負けたのか、敵がどうやって動いてきたのかを考え、対処法を見つけて次に生かします。

実践に勝る練習はないのでガンガン攻めましょう。建築バトルを挑まなければ建築は上達しません。

同じくらいのレベルの友達がいるならタイマン建築バトルをするのがベストです。

クリエイティブで行う1 vs 1のタイマンなら負けても何度でも建築バトルの練習ができますし、友達とボイチャを繋げてプレイすればお互いに改善点をアドバイスできるので上達も速くなります。

戦闘編(エイム)

感度の設定を調整する

エイムで一番重要なのは感度です。

高いほうがいいのは間違いないですが、自分に合う感度を見つけるのが一番大事です。

設定画面でX軸Y軸、ターゲット時、スコープ時、建築時、すべての感度を自分に合うように調整しましょう。

とっさに敵に照準を合わせたときに行き過ぎるようなら感度が高すぎますし、敵に追いつかないようなら感度が低すぎます

自分に合った敵に当てやすい感度を見つけましょう。

クリエイティブのエイム練習マップやチームランブルに潜って調整するといいでしょう。

距離に合わせた武器を使う

敵との距離によって武器を使い分けて戦うようにしましょう。

近距離ならショットガンやサブマシンガン

中距離ならアサルトライフル

遠距離ならスナイパーライフル

近すぎる距離ではロケットランチャーなどの爆発系武器は自爆の恐れがあるから撃たない

などなど距離と状況によって強い武器は変わります

遠距離なのにサブマシンガンを撃っても距離減衰でダメージが出ませんし、近距離ならアサルトライフルよりショットガンのほうが火力が出ます。

武器ごとの特徴は調べれば簡単に出るのである程度頭に入れておくといいでしょう。

敵の位置を見失わないようにする

Fortniteでは建築バトル中や家の中で敵の位置を見失うことはよくあります。

ですが、敵を見失わないようにするだけで勝率が一気に上がります!

足音を聴く、敵の動きを予想する、建築の隙間や透けてる部分から敵を見るなど敵の位置を常に把握できるように意識するだけでも見失うことが減ります。

自分は敵の位置をわかっていて敵がわからない状況なら確実に先手を取って攻めることができます。

特に音を聞くことは重要な要素になるのでスピーカーで音を聴いている人はヘッドホンをつけるだけで敵の位置がグッとわかりやすくなります

 

ヘッドホンを持っていない人はこの機会にゲーミングヘッドホンの購入をおすすめします。

音のする方向がわかりやすく、ゲーム用に長時間付けていても耳が痛くならないように作られているのでゲーマーの必須アイテムと言っても過言じゃありません。

僕が使っているゲーミングヘッドホンはこちらで紹介しています。

その他うまくなるためのコツ

うまい人の動画を見る

建築も立ち回りもうまい人の動画を見るのはめちゃめちゃ参考になります。

特にFortniteは建築でやれることが多いのでうまい人の動きを見て「こんなやり方があるのか!」と新たな発見があります。

配信を見ている人とまったく見ていない人では成長速度が段違いなので暇な時間にFortniteプロの動画を見てどんどん真似していきましょう

解説動画もいいですが、なにを覚えればいいかわからない人は生配信を見たほうがいいです。

その時の環境武器、強い立ち回り、建築資材がおいしい場所、などなどカットされていない試合を通しで見たほうが気づきが多いです。

真似してプレイしている中で「1マス籠りをどう倒せばいいの?」「建築で上を取られたらどうやって取り返せばいいんだろう?」という疑問が湧いたらYOUTUBEで検索してみましょう。だいたいプロが動画を出してくれています。

 

個人的におすすめの配信者はCR(クレイジーラクーン)というプロチームですね。

うまいだけじゃなくてメンバーの仲が良く掛け合いがおもしろいので見ていて楽しいです。

もちろん僕の配信も見ていただけると嬉しいです。

マップを覚える

Fortniteのマップは広大ですが、できる限り覚えましょう。

ざっくり街がどこにあるかよりも、街の建物の作りやアイテムの湧き具合を覚えると立ち回りに生かせます。

地形を覚えておけば降りた後の移動で迷うことがなくなりますし、仲間への状況報告もしやすくなります。

宝箱の位置を覚えていれば初動のアイテム集めがスムーズになり、乗り物や間欠泉など移動手段の場所を覚えておけばストームが来ても焦らずに移動できます。

慣れるまでは降りる場所を決めて一つずつ街の構造を覚えて、自分のわかるマップを広げていくのがおすすめです。

switch版Fortniteで超初心者が上達のためにやったことまとめ

Fortniteは操作が複雑でやれることもめちゃめちゃ多いのでうまくなるには時間がかかります。

少しずつできることを増やして上達を実感できるようになると「もっとうまくなりたい!」「次はこれを練習してみよう!」とモチベーションがどんどん湧いてきます。

一人だとうまくなる前に飽きてしまう人もいると思うので仲のいい友達と一緒にプレイすると楽しんで上達できておすすめです。

練習の成果が出て自分の力でビクトリーロイヤルを取れた喜びは脳汁が出るのでぜひ諦めずにがんばってみてください!

 

こちらの記事でも設定やおすすめの武器などを紹介しているので読んでみてください。

スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク
ふーかをフォローする
やってみたいがここにある

コメント