PCゲームをやるためにグラフィックボード1070Tiを買ったのでレビュー!PC版Fortniteプレイ動画つき

PC
スポンサーリンク

ゲーム実況を1年以上続けてきた僕ですが、ようやくグラフィックボードを買いました

購入したのは「Geforce GTX 1070Ti」です。

ゲーム実況者の僕が、グラボが必要なレベルのPCゲームを初めてプレイしたら、めちゃめちゃ感動したので1070Tiの凄さをレビューします。

スポンサーリンク

きっかけはスイッチ版フォートナイトに限界を感じたから

switch版はグラフィックも荒く動きもカクつきが目立つ

グラフィックボードを買おうと決意したきっかけはスイッチ版フォートナイトをプレイしていてカクつきや30fpsの限界を感じたからです。

スイッチ版を1000時間以上やりこみ少しは上達しましたが、競技シーンやガチ勢がプレイするアリーナなどではまったく歯が立ちませんでした。

もっとうまくなりたい、いい環境でプレイしてみたい、と思いPCへの転向を決めてグラフィックボードを購入しました。

 

また以前からSteamのPCゲームも気になっており、配信者の間で流行っていた「Project Winter」の流れに乗れなかったときは歯噛みしましたし、「Apex Legends」などもプレイしたかったので高い買い物ではありますが、グラフィックボード「Geforce GTX 1070Ti」を購入しました。

グラフィックボードはPCパーツの中でも高価

グラフィックボードを買うなら最低でも3万円以上は覚悟しておく必要があります。

もちろんスペックも値段もピンキリなので自分がプレイしたいゲームに必要なスペックを調べて必要なグラフィックボードを選びましょう

なにも考えずに最新モデルを買おうとすると余裕で10万円を超えますし、グラボは数年で値段がかなり下がるので不釣り合いに高いスペックの物を買うのはもったいないです。

 

僕は購入時より2年前に発売された旧モデルの GeForce GTX1070Ti をドスパラで中古で買って約3万円でした。

ただし中古は保証が1週間と短く、仮想通貨のマイニングにより酷使されているものもあるので不安な人は新品で購入するのがおすすめです。

GeForce GTX 1070Ti

ビジュアルが中二心をくすぐるかっこよさ。

2017年11月2日に発売した GeForce GTX1070Ti

僕が購入したのは2019年10月末なのでほぼ2年前の機種ですが、スペックは十分高く大抵のゲームを快適にプレイできます。

人気があるバトロワシューティングゲームのフォートナイトやApex Legendsでも100fps以上は出せます。ぬるぬる動くので敵の動きがよく見え、弾が当てやすいです。

また、グラボを入れる前はカクカクのポリゴンのようだった画質も尋常じゃないくらい綺麗になりました。

スイッチの30fps&低画質に慣れていた僕は「すげえ! やべえ!」しか言えなくなるくらい感動しました。やべえ。

 

ちなみに僕が使用しているPCはドスパラで約6万円で買ったPCで元々グラフィックボードは積んでいませんでした。

スペックは以下の通り

・CPU     i5-8400
・メモリ 16GB(8GB増設した)
・電源    400W

しかし、グラボを積むのに400Wの電源では心もとないので電源も600Wのものに買い替えました

グラボは消費電力をかなり食うので自分のPCの消費電力を計算サイトなどを使って把握しておきましょう。電源容量の目安は消費電力の2倍です。

電源パーツは550~600Wくらいなら5000円程度で買えます。

電源パーツが故障するとグラフィックボードやCPUなどほかのパーツも一気に壊れる可能性があるので絶対にケチらず買い替えましょう。

実際に1070Tiを入れたPCでフォートナイトをプレイしてみた

実際に GeForce GTX 1070Ti を入れたPCでフォートナイトをプレイした動画がこちら。

【顔出し】フォートナイト参加型スクワッド!スイッチ・PS4・PC・スマホもOK!キーマウ練習します!【Fortnite】

※使用しているモニターとCPUの都合上FPSが60、プレイを快適にするためにエフェクトなどを切っています。

スイッチより陰影がはっきりしてキャラクターや風景が細かいところまで見えます

配信環境などで少し画質が劣化していますが、それでもスイッチ版とは比べ物にならないくらい綺麗な画面になっています。

僕のPCスペックでは最大限まで性能を引き出せていないのが残念ですが、今後CPUを変えればFPSも画面のエフェクト設定も上げられるのでさらに高画質にすることもできます。

端子が増えるメリットもある

グラフィックボードを設置することで使用できる端子が増えます。

GeForce GTX 1070Ti の場合は

・HDMI端子×1
・DVI端子×1
・DisplayPort×3

最大4ディスプレイに同時出力できるとのこと。

我が家には2枚しかモニターがなかったですが、マザボのHDMI端子と合わせて両方HDMI出力でデュアルディスプレイを実現できるのはありがたい。

地味にDVI端子があるおかげで古いモニターでも接続できるのが嬉しいですね。

ゲームをしながらTwitterをしたり、配信しながらコメントを読んだりとディスプレイは多いに越したことはないので大満足です。

グラフィックボード「GeForce GTX 1070Ti」 のレビューまとめ

非常に高い買い物でしたが、結果的に買って正解だったと胸を張って言えます

綺麗な画面でストレスなく快適にゲームをプレイできますし、今までよりもたくさんのゲームに触れることもできます。

Steamなどは大規模セールで人気作品が激安で買えることも多いので、PS4などの家庭用ゲーム機+α程度の値段と思えば安い買い物ですね。

ゲーマーならグラフィックボードは絶対に買って後悔しない製品ですよ。

スポンサーリンク
PC
スポンサーリンク
ふーかをフォローする
やってみたいがここにある

コメント