Amazonプライムデー2019のお得情報はこちら!

【レビュー】ロジクールのトラックボールM570Tを買ったら作業よりあれがめちゃ捗った

スポンサーリンク

先日のプライムデーでトラックボールを購入しました。

今回はPC周辺機器で有名なメーカーであるlogicoolのトラックボールM570Tのレビューです。

 

トラックボールを購入した理由

数年前にマウスが壊れて以来、ノートパソコンのパッドとタッチパネルでPC作業を行っていたのですが、さすがに不便だったのでトラックボールの購入を決意しました。

僕は今までマウス一筋だったのですが、今回マウスではなくトラックボールを購入した理由は、かっこいいからです。

普通のマウスよりスマートでメカっぽくてかっこいい!

と、半ば勢いで購入したのですがこれが思った以上に使いやすかったのでレビューしたいと思います。

 

トラックボールの使用感

トラックボールはマウスを動かすのではなくボールを転がして操作します。

 

f:id:hu_kaa:20170826211550j:plain

 

正直購入前は「本当に使いやすいのかな?」という不安があったのですが、実際に使ってみると1日使えば慣れました。

ロジクールのM570Tは形がマウスに近かったのもよかったですね。なれるのが早かったです。

むしろボール操作が意外に精密で狙った場所の選択がかなりしやすいです。

マウスを使っていたときより断然正確にクリックできますね。

 

 

マウスと違ってトラックボール本体は動かす必要がないのでマウスより少ないスペースで作業できます。

 

f:id:hu_kaa:20170826211949j:plain

これだけのスペースがあればOK

 

画面の端から端までカーソルを動かす時もボールをちょっと強く転がせば慣性の法則で一発です。

ボールをシャーっと動かす操作感も気持ち良くてノーストレスで作業が捗りますよ。

 

もちろんマウスパッドも不要です。

使う場所が平面でなくとも問題ないのでソファの上や手に持ってる状態でも使用できます。

 

f:id:hu_kaa:20170826212040j:plain

 

膝の上でも問題なく使用できます。

 

拡張ボタン

僕が購入したロジクールのM570Tには拡張ボタンが2つあります。

 

f:id:hu_kaa:20170826212458p:plain

 

これはデフォルトでは「前のページにもどる」と「次のページにすすむ」が割り当てられています。

ロジクールの公式アプリをPCにインストールすることで拡張ボタン2つとホイールボタンの3つに好きな機能を割り当てることができます。

僕はデフォルトで満足しているのでそのまま使用していますが、自分の使用スタイルに合わせてカスタマイズできるのは便利ですね。

 

圧倒的な電池の持ち

ロジクールのM570Tは付属の単三電池1本で動きますが、18ヵ月電池交換なしで動き続けます。驚きのコスパです。

毎日使うものなので電源点けっぱなしでも問題ないレベルの電池寿命はありがたいですね。

最初のうちは本体を裏返して使わないときは電源をOFFにしていましたが、現在は常にONで放置してます。

また、電池残量が少なくなるとランプも点灯するので急な電池切れも防げます。

 

ロジクール製品ならレシーバーは共有可能

f:id:hu_kaa:20170826214015j:plain

 

付属しているレシーバー1つでロジクール製品のマウスやキーボードなどを6台まで同時接続可能です。

僕の端末はUSBポートが1つしかないのでかなり助かります。

現在はマウスしか使ってないのですがこうなるとキーボードも欲しくなりますね。

 

2000円以下で安いしコスパ高そう。トラックボールとのセット販売もあるみたいです。

 

ネットサーフィンが鬼捗る

ここまでトラックボールの便利な点を紹介してきましたが、一番捗るのは間違いなくネットサーフィンです。

背もたれに寄りかかってだらけた姿勢でもトラックボールなら膝の上でも快適に操作できます。

拡張ボタンも合わさってだらけた姿勢のネットサーフィンがめちゃめちゃ捗ります。

作業しようと思ってたのに楽なネットサーフィンの姿勢から抜け出せなくなることもしばしば・・・

 

まとめ

ノートパソコンのパッドを使っていた時より作業はかなり捗るようになりました。

ネットサーフィンが捗りすぎるのが問題ですがこれは僕の誘惑への弱さの問題かな・・・

なんにせよPC環境を快適にするためには購入して損のない買い物だと思います。

トラックボールデビューを迷っている人はぜひロジクールのM570Tを試してみてください。

後悔はしないですよ!

 

 

コメント