筋トレ中にTCGアプリをプレイするというライフハック

ゲーム
スポンサーリンク

最近ドラゴンクエストライバルズというスマホカードゲームアプリを再開しました。

いわゆるハーフストーンやシャドーバースのようなTCG(トレーディングカードゲーム)アプリですね。

第二弾パックが追加されたので復帰したのですが、これがおもしろい。

もう四六時中やっていたいのですが、やらなければいけないことは無限にあるのでゲームばかりしているわけにもいきません。

ならタスクをこなしながらやればいいじゃない。ということで手始めに筋トレ中にやってみたらいい感じだったので紹介します。

筋トレ中にTCGアプリをやる

f:id:hu_kaa:20180306222527p:plain

半年前くらいから日課にしている筋トレ。

といっても自宅でできる程度のものなので、主に

・腹筋ローラー
・腕立て
・背筋
・スクワット
・ランニング(土日だけ)

を日替わりで適当にやってます。

で、筋トレってやっぱりきついんですよね。

最近は少し硬くなってきた腹筋や胸筋を落としたくないということもあって続いてますが、やり始めは面倒くささはすさまじかった。

その筋トレの面倒くささを少しでも緩和するための僕なりのライフハックが「筋トレ中にTCGアプリをやる」という方法です。

僕はドラクエ大好きマンなのでドラゴンクエストライバルズをプレイしていますが、別にシャドバでもハーフストーンでもなんでもいいです。

なぜTCGアプリなのか

TCGはターン制のゲームです。

自分のターンの行動を行ったら、相手ターンが終わるまでやることはありません。次のターンの行動を考えるくらいです。

つまり相手ターンの間は画面を見てるだけで手は空いているのです。

この手が空いている相手ターンにひたすら筋トレをします!!!

ひたすら腹筋ローラーを転がし自分のターンになったらカードをプレイして相手ターンはひたすら腹筋ローラー!

これを繰り返し、3回対戦したら筋トレとゲームを終了というルールでやっています。

リアルタイムで手を動かさなければならないものが多いですからほかのゲームだとこうはいきません。

腹筋ローラーを転がすときは膝コロの膝の前にスマホを置き、腕立てをするときは顔や胸の下にスマホを置きます。

音声を出しておけば横など画面が見えないところに置いていても自分のターンになったら音でわかりますし、余裕があるなら視界の端に画面を捕えておけば戦略も練れます。

メリットは筋トレをしつつゲームを進められるので時間を有意義に使えること。

デメリットは後半になると疲れてプレイミスが頻発することです。ぜえぜえ言いながらカードゲームプレイすることなんてないもの・・・酸素が足りない。

まとめ

今まで筋トレ中は音楽を流していたんですが、ドラゴンクエストライバルズをプレイしてるときのほうが筋トレを長時間できるようになりました。

ドラクエやりたいしもう少し鍛えるかー! というような感じで。

弱点は相手がコントロール系のような長期戦タイプのデッキだと後半は使えるコストが増えることもあって相手のターンが長くなります。

腕をぷるっぷる震えさせながら腕立てしてるのに相手がエモーションで煽ってくるときとかヘイトがやばいです。ふぁっきゅー。

スプラトゥーン中も筋トレできればすぐにムキムキマッチョになれると思うんですけどねーエイムが定まらないだろうし無理だろうな・・・

というわけでTCGアプリをしながら筋トレ、おすすめですよ!

ドラゴンクエストライバルズをプレイするならTwitterで声をかけてください! 僕と対戦しましょう!

コメント