仕事中にトイレで寝るのを快適にしてくれる3つのグッズを紹介する

おすすめ紹介
スポンサーリンク

仕事中に眠くて業務が捗らないことありませんか?

昨日夜更かししてしまった。

最近残業が多くて睡眠時間を確保できない。

というかそもそも泊り込み・・・

理由はそれぞれですが仕事中に眠くなったときはみなさんどうしてますか?

コーヒーや栄養ドリンクを飲む? 軽い体操をする?

僕は眠いときはトイレで寝ます。10分15分寝るだけでもかなり回復しますからね。無理やり眠気を押さえつけるより全然いいです。

そんなトイレでの睡眠を快適にして疲れを取るための素敵なグッズを紹介します。

スポンサーリンク

イヤホン

まずは定番のイヤホン。

これがあれば周りの排泄音などをシャットアウトして眠りを邪魔されることがなくなります。

欲を言えばノイズキャンセリングイヤホンがいいですね。遮音性が段違いです。

音楽を聴きながら眠れないという方は耳栓もおすすめです。

100均などの安物ではなくちゃんとしてものがいいですね。僕はこれを使ってました。

パチンコ屋の騒音もかなり軽減できたので遮音性が高く、つけ心地もいいのでコスパは高いですよ。

ノイズキャンセリングイヤホンの使い心地はこちらの記事をどうぞ。

USBホットアイマスク

これが本当にすごい。目の疲れが一気に取れてトイレ睡眠のレベルが一気に上がります。仕事も捗る捗る。

要は電気で温まるアイマスクなのですが、目の緊張をほぐして疲れを取ってくれるのでうまく寝付けなくても目の疲れが回復します。

詳しくは個別記事で紹介していますが値段もリーズナブルで最高です。トイレ寝だけじゃなく家での睡眠にも使えますし洗濯もできます。

コンパクトなのでスーツの胸ポケットにしまっておいてもばれません。

ただしUSB電源が必要なのでモバイルバッテリーもポケットに入れておきましょう。

USBホットアイマスクを実際に使ってみたレビューはこちらの記事をどうぞ。

手動プレス式ネックピロー

最終兵器は首枕です。

トイレで寝ると前のめりに寝てもトイレのふたや壁にもたれかかって寝ても首などに負担がかかります。

その負担を減らせるアイテムがこれ、手動プレス式ネックピローです。

首枕は首をはさむようにつけることで首を支えてくれるので座って寝ていても首がかなり楽になります。

しかし首枕のような大きなものを会社のトイレに、しかも業務中に持ち込むのは難易度が高いですよね。

この商品はボタンを押すだけで枕の空気を簡単に抜いたり入れたりすることができます。抜くのも入れるのもすぐに終わります。

空気を抜いたときの大きさは横10cm、縦13cmとスマホと変わらないくらい小さくなるのでポケットなどに入れてトイレにも持ち込めます

トイレの睡眠に枕・・・なんて画期的な発明なのでしょうか。

もちろん洗濯も普段使いもできます。長時間移動がある旅行などでも便利ですね。

まとめ:トイレで仮眠を取って疲れを吹き飛ばそう!

寝不足で仕事をしてもパフォーマンスは上がりません。

トイレで10分寝るだけでその後の仕事を片付ける元気が出るなら結果的にいいことのはず!

バレないようにトイレ寝ライフを快適にして疲れを取りましょう!

快適になりすぎて寝過ごさないように気を付けましょうね!

コメント