オートロックに閉じ込められ、新居からも旧居からも締め出されて行水をした話と誕生日

スポンサーリンク

やあみんな、ふーかだよ。

ようやく引越し先にネット回線が通ったのでブログが更新できます。

しかしここまで来るのは大変だった・・・前の家が僕を離してくれなくてね。HAHAHA

今日はそんな話をしようと思う。思いっきり雑記、というか日記なので僕に興味がない人はブラウザバックだ。別の記事を読んでくれよな。

 

タイトルがすべて

ぶっちゃけタイトルのとおりです。

 

時系列順になにが起きたか説明すると

 

金曜日

出勤時にアパートのオートロックの自動ドアがぶっ壊れてるのを発見。

アパートの出口は自動ドアだけなので自宅アパートから出ることができないという状態に。脱出ゲームかよ。

3階の自室ベランダから飛び降りるという選択肢もあったけどいのちだいじにしときました。そこまでして会社行きたくない。

第一発見者だったため管理会社に電話するも営業時間外。つかえねーなおい。

自動ドアの会社に直接電話すると1時間後くらいに向かいます。とのことで自宅でコーヒ飲んでました。堂々と会社に遅刻できるっていいよね。

きっかり1時間後に開錠してもらって脱出成功。

もちろん大遅刻でしたが笑い話になりました。

 

土曜日

引越し前日。荷造りに励む。

 

日曜日

彼女と彼女の親戚の力を借りて自力で引越し。

新居も旧居もエレベーターなし階段のみの3階の部屋だったので階段往復がマジで辛かった・・・重いもの持って階段往復すると腕より先に下半身がやられるんですね。勉強になりました。

 

引越し作業中に新居と旧居の鍵が入ったキーケースを落とす。

 

嘘だろ・・・なお旧居のスペアキーはすべて旧居に置いてきてた。

退去時に郵便受けに置いて後から管理会社が回収って予定だったから置きっぱにしたんだけど完全にしくじった。自宅でインキーした。

新居の方はそもそも1本しかもらってなかったのでどうしようもない。

 

行く場所も帰る場所も失いスマホと財布以外すべてを失った上下ジャージの27歳。

つまりチェスや将棋で言うところの詰み(チェック・メイト)にはまったのだッ!

 

なんてふざけてる余裕もなく、心当たりのある場所を探しても見つからなかったため遺失届けを出しに警察署へ。

その後、管理会社に連絡して新居はスペアキーを借り、旧居は業者に鍵を開けてもらい進入成功。

知らないうちにサポートに入ってたらしく開錠費用は管理会社持ちでした。やるじゃん大東建託。

 

鍵は見つからなかったけど予定の5時間押しでなんとか引越しは完了。

何度も新居と旧居の往復に付き合ってくれた二人に感謝しかない。

なお旧居は鍵を失くした代金として6500円新居はまだ金額は不明だけど鍵交換で数万円かかる予定。つらい。

 

しかも鍵を落としたことで予定していたガスの開栓立会いができなかったため、お湯が出ない。

しかたないので冷水を浴びて凍えながらダンボールを漁るもドライヤーが行方不明。どうやら旧居に忘れてきた模様。どんだけー。もうどんだけー。

結局見つからず髪の毛も乾かせず翌日体調不良に。

木曜の有給までガスは開けてもらえないのでこのままだと行水で凍死してしまう。

 

というわけで翌日から銭湯へ通い始めたら思いのほか素晴らしい銭湯だった。

フリーWi-Fiなど設備は充実してて、深夜は入浴者のコワーキングスペースとしても使えるらしいということまで知れたので災い転じて福ってやつですね。

回数券も買いました。通います。

 

まとめ

生きるのは大変。

 

P.S.

誕生日祝ってくれたみなさんありがとうございました! いいねもリプもこんなについたの初めて! やだ、私ったら愛されボーイじゃん!

誕生日の2日後から上記の出来事が起きたので誕生日に幸せを使い切ったのかもしれない。それなら後悔もないですけどね!

 

今日はヒトデ祭りだぞ! のヒトデさんからはプレゼントもいただきました! 欲しかった筋トレは最強のソリューションである! 煽り筋鍛えてまた煽りに行きます!

 

 

何冊かTestosteroneさんの本は持ってるけど読むとやる気が出るからマジおすすめ! 楽しく筋トレのモチベーションが上がる。

 

なすブログ、弱火でじっくり。のなすさんからは引っ越し祝いをいただきました! 誰が煽りイカふーかすやねん!

 

 

なんだこのハーブサプリ? と思ってぐぐったら「フーカス」という名前のハーブでした。手が混み過ぎやろwww

亜鉛が入ってるらしいのでとりあえず飲んでみてます。もう27だからいろいろと、ね。

 

みなさん本当にありがとうございました!!!

 

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
ふーかをフォローする
やってみたいがここにある

コメント