ライブに行くときに気をつけたい7つのマナー

スポンサーリンク

f:id:hu_kaa:20171005200438j:plain

 

先日UVERworldのライブに行きました。

ライブ自体は最高に楽しくて素敵な時間を過ごせたのですが、隣になった人たちのマナーがとても酷かったです。

なので、少しでもマナーの悪い人が減ることを願いライブマナーについて書いておこうと思います。

 

 

スタッフの指示を守る

ライブにはたくさんのスタッフがいます。

入場券を確認するスタッフ、会場内を見回るスタッフ、機材の管理をするスタッフ・・・

全員がライブを成功させようとアーティストと一緒にがんばっている人たちです。

彼らの指示をしっかり守るようにしましょう。

 

写真・動画・録音はすべて禁止

当然のことですが、ライブ中の撮影や録音は禁止です。その瞬間を楽しみましょう。

気にしてないファンも多いですが、ライブ開始前も写真撮影禁止は多いです。

スタッフが撮影禁止を叫んでいるのに写真を撮ってSNSにあげてるのは自分はマナーが悪いですと叫んでいる行為なのでやめましょう。

 

アーティストが写ってないからいいだろうという勝手な自分ルールで写真を撮るのはやめましょう。自分たちの写真を撮るなら外で撮ってください。

ルールを無視していたらそのうち会場が電子機器持込禁止になっても文句言えないですよ。

 

ライブ中は食事をしない

会場やそのライブのルールにもよりますがライブ中は基本的に食事はしないようにしましょう。

臭いや音が周りの迷惑になります。ライブ前なら会場でもオーケーのところもあるので始まる前にしっかりおなかを満たしておきましょう。

以前参加したライブでは紙パックのワインを飲みながらバリボリとナチョスを食べてる人がいてドン引きしてライブに集中できませんでした・・・

 

MC中は静かに聴く

ライブは楽曲だけじゃありません。アーティストのMCだって大切なライブの一部です。

その時々のアーティストのファンや歌への思いを伝えてくれるMCを聞き逃すわけにはいきませんよね。

 

だからこそMCの最中はできるだけ雑談は慎みましょう。

どうしても友人に伝えたいことがあるのなら耳元でこっそり伝えましょう。

もちろんアーティストの煽りは別ですよ! 全力でレスポンスを返しましょう!

 

ゴミは持ち帰る

ライブというかもはや人としてのマナーですね。出したゴミは持ち帰りましょう。

もし隣の人が置いていったのなら放置せずに回収しましょう。

あのバンドのファンはマナーが悪いと言われるより、ゴミ拾いもしてマナーがいいと言われたほうが嬉しいですよね? そんな素敵なファンを目指しましょう。

 

髪型はアップにしない

お団子のような髪型にすると後ろの人の視界の邪魔になります。

ポニーテールやサイドアップなどの高い位置でまとめた髪型は飛び跳ねたり首を振ったりしたときに周りの人に髪の毛がかかって迷惑になります。

綺麗な姿をアーティストに見てもらいたいのはわかりますがおさげなどマナーをわきまえた髪型のほうがアーティストの印象もいいはずですよ。

 

スニーカーを履いていこう

ライブハウスでは絶対にスニーカーで行きましょう。押し合いへし合いがあるのでサンダルやヒールで行くと絶対に怪我をします。

また、ヒールで踏まれると死ぬほど痛いです。泣けます。

踏むことも踏まれることも頻繁にあるため、できればボロボロになっても大丈夫な、使い古したスニーカーがオススメです。

基本的にライブ中は立っていることになるので足が疲れにくいスニーカーを履くのがライブを楽しむためにもベストです。

 

まとめ

ライブのマナーといっても難しいことはなにもありません。

要は周りのファンを思いやる心があればいいんです。

みんなでマナーを守って楽しいライブにしましょう!

 

スポンサーリンク
音楽
スポンサーリンク
ふーかをフォローする
やってみたいがここにある

コメント