遊戯王カードを売るならSNSやフリマサイトより買取サイトがおすすめな理由

ライフハック
スポンサーリンク

最近、学生時代に集めていた遊戯王カードを売りました。

実家の押入れで眠っているだけだったので、帰省ついでにすべて業者に買い取ってもらいました。

その結果、なかなかいい値段で売れました。

そのときの話はこちらの記事でまとめています。

今回は僕がなぜ専門の買取業者を利用して買い取ってもらったかを説明しようと思います。

スポンサーリンク

ネットで買取をしてもらった理由

買取はネットでこちらの買い取りサイトを利用しました。

僕の実家は田舎なので近くにカードショップもなく、大量のカードを持っていくのは面倒だったためです。

ネットなら買取依頼を出して、カードを集荷依頼などで送れば家から出なくても査定をお願いすることができます。

買取のやりとりもスムーズで簡単に終わりました。

ネットで買取をしてもらう方法は買取サイトを利用する以外にも方法はあります。

それはSNSやフリマサイトを利用しての売買です。

ユーザーの多いツイッターやメルカリ、ヤフオクなどを利用すればカードを売ることはできるでしょう。

しかしそれらの方法での売買は慣れていない場合はおすすめできません。

メルカリ、ヤフオクなどのフリマサイトを利用すると消耗する

メルカリやヤフオクなどのフリマサイトを利用することでカードを売ることもできます。

しかし、メルカリはカードの値段をこちらで決めなければなりません

その時期のカードの相場と、カードの保存状態(キズなど)で値段を決める必要があり、非常に面倒です。レアカードの枚数が数百枚単位であればなおさらです。

ヤフオクはオークション形式のため、値段設定は不要です。

しかし、出品するには有料のプレミアム会員にならなくてはなりません。本人確認などもあるので登録までに1週間程度はかかります。

どちらにも共通して言えるのが購入者とのやりとりが必要になるため、値下げ交渉などをしてくる人がいるということです。

よほどレアなカードでも持っていないと、余計なやりとりに時間を使う労力に見合う金額にはならないでしょう。手数料もかかりますしね。

また、相手の振込が完了するまで発送できないため、振り込みが遅ければ時間もかかります。

帰省時にカードを売ろうと考えている人だと帰りの飛行機までに発送しなければならないため、発送までの時間は死活問題になりえます。

ツイッターなどのSNSの売買は個人情報を教えなければならない

SNSはもっと危険です。

発送や振込のために口座や住所を教える必要があります。

SNS上の顔も知らない他人に個人情報を教えるのはリスクが大きいです。

写真ではわからなかったカードのキズなどがあれば個人情報を晒されるかもしれません。

場合によってはアカウントを荒らされる可能性もあります。

こちらも振込が遅くなれば帰省期間中に振込を確認できず、カードを発送できずじまいになることも考えられます。

遊戯王カードの買取なら買取サイトを利用するのが一番楽で安全

遊戯王カードの買取をしてもらうなら専門の業者がやってくれる買取サイトを利用するのが一番です。

買取依頼をすると、買取業者から梱包セットが長くても2日で届きます。

梱包セットが届いたら梱包して返送するだけなので帰省中の空き時間でカードを発送できます。もちろん送料は無料です。

カードを送ればあとは業者が査定してくれるので、こちらでカードの値段を決める必要がなく、SNSなどのように値下げ交渉もないので楽チン。

個人情報も取引以外に使用されることはないので安心安全です。

カード買取ならNextOneがおすすめ

遊戯王カードを売るなら実績豊富なNextOneに依頼しましょう!

高価買取実績、ノーマルカードも買取、字レアもしっかり査定!

ダンボール、梱包セットが無料! ダンボールのサイズも業者が適正なサイズを選んで送ってくれます!

その上なんと送料無料!

対応も早く手続きも簡単でおすすめです!

僕もここで依頼しましたが満足のいく価格と対応でした。そのときの体験談はこちらからどうぞ。

コメント