Nintendo Switchと一緒に買うと便利な周辺機器をまとめて紹介

ゲーム
スポンサーリンク

Nintendo Switchはおもしろいゲームが多くて時間を忘れてプレイしちゃいますよね。

そんなスイッチを快適にプレイするために、あると便利な周辺機器をまとめてご紹介します!

家でがっつりプレイするガチゲーマーから外出先で空き時間にプレイするライトユーザーまで必見の内容です。

スポンサーリンク

Nintendo Switch Proコントローラー

スイッチ対応の任天堂公式グリップ型コントローラー。いわゆるプロコン。

JOY-CONと比べて一回り大きく成人男性の手にフィットするサイズ感で慣れるとJOY-CONより操作がしやすいです。

JOY-CONの場合、スティックとボタンの位置が近くて誤操作しやすいですが、プロコンは慣れ親しんだボタン配置でスムーズにボタンを押せます。

実際、僕はプロコンに買い替えてからスプラトゥーン2のウデマエが一番上のXまで上がりました。

アクションやFPS、TPSなどの素早い操作が求められるゲームをプレイする予定があるならプロコンを買っておくと操作性が上がるでしょう。

また、JOY-CONと違ってゲームをプレイ中に充電ができるので長時間のプレイをする人や、つい充電を忘れてしまうことが多い人にもおすすめです。

フル充電時の稼働時間も40時間と長く、JOY-CONは20時間なので倍の時間ぶっ通しでプレイすることができます。

JOY-CON充電グリップ

プロコンは高いから買いたくないけどJOY-CONの充電切れは避けたい・・・という人におすすめなのがJOY-CON充電グリップ。

スイッチ付属のグリップには充電機能がついていないですが、これを購入すればJOY-CONを充電しながら半永久的にゲームをプレイすることができます。

JOY-CONは最大20時間しかバッテリーが持たないため、数日充電を忘れたり長時間プレイをしているとあっという間に電池が切れてしまいます。

プレイ中に電池が切れてゲームオーバーになることを避けるためにも、プロコンを買わないなら充電グリップを買っておくといいでしょう。

有線LAN変換アダプタ

スイッチは本体だけでは無線LAN接続しかできません。

そのためUSBに挿すタイプの有線LAN変換アダプタを使って有線LAN接続をしましょう。

有線で接続することで回線状況が安定し、ラグを抑えられます。

ラグがひどいと自分だけじゃなく相手プレイヤーにも迷惑をかけることになってしまいます。

スイッチで対人オンラインプレイをするなら有線接続をしておくのがマナーですね。

また、同時に有線LANケーブルを買っておくのを忘れないようにしましょう。

microSDカード

スイッチ本体の容量は携帯機のため、32Gと小さめです。システム領域を除くと実際に使えるのは25.9Gしかありません。

そのため大容量のダウンロードソフトをいくつか落としたり、動画や画像のキャプチャをしていれば、すぐに容量が足りなくなってしまいます。

しかし、microSDカードを挿しこむことで容量を最大256Gの拡張でき、大量のゲームソフトを保存することができます。

ダウンロード版でゲームを買う予定のある人はスイッチ購入のタイミングでmicroSDカードを買っておいたほうがいいでしょう。

液晶保護フィルム

スイッチを携帯モードやテーブルモードで使用するなら絶対につけておきたいのが液晶保護フィルム。

ガラスフィルムなので落下などの衝撃にも強く、しっかりと液晶を保護してくれます。

ちなみにスイッチの液晶が割れると修理費は12,480円かかります。

特に携帯モードで遊ぶ場合は落としたり踏んだりと壊れる可能性が高いので液晶保護フィルムは必ずつけておきましょう。

キャリングケース

旅行や帰省、友達の家に遊びに行くなど、スイッチを持ち歩く場合はキャリングケースを買っておきましょう。

スイッチは携帯モードがあり、持ち運びができるように作られていますがそのまま持ち歩くと傷がついたり故障の原因になります。

このケースは頑丈で中にスイッチ固定用のマジックテープのベルトがあるのでカタカタ動いたりもしません。

コントローラーカバーと保護ガラスフィルムがついているのでこのキャリングケースを買う場合は別でガラスフィルムを買う必要はありません。

価格も1000円ちょっとでコスパが非常に高い商品です。

テレビモードで遊びたい場合はドックなども丸ごと持ち運べる大型のバッグがおすすめです。

モバイルバッテリー

スイッチはモバイルバッテリーで充電することができます。

紹介している任天堂公式のモバイルバッテリーの場合、フル充電ならスイッチを1.7回充電することができます。

外で携帯モードやテーブルモードで使用する機会が多いならモバイルバッテリーも一緒に持ち歩くようにしましょう。

すでにモバイルバッテリーを持っているならこのようなType-Cのケーブルを買うだけで問題ありません。

マイク付きイヤホン

スイッチの一部のゲーム(FORTNITEなど)はスイッチにマイク付きイヤホンを挿すことでボイスチャットが行えます。

チーム戦のゲームでは通話での情報共有が勝敗に大きく関わりますし、なによりフレンドと話しながらやるゲームは楽しいです。

PCやスマホのアプリを使えば、どんなゲームでも通話しながらプレイできてゲームの楽しさが何倍にもなりますよ。

充電スタンド

JOY-CONが複数ある場合、同時に充電をするためには充電グリップ、または充電スタンドが必要になります。

この充電スタンドなら「JOY-CON2つ」、「JOY-CONとプロコン」、「プロコン2つ」の3パターンの充電を行うことができます。

その辺に置いてしまいがちなコントローラーを一か所にまとめられますし、JOY-CONやプロコンを複数持っている人は購入する価値はあるでしょう。

充電中の見た目がおしゃれなのもおすすめポイント。

クラシックコントローラー

スイッチでスマブラをやるなら持っておきたいのがクラシックコントローラー。

スマブラをやるならGCコン! という人も多いと思いますが、ゲームキューブコントローラーとほぼ同じ形になっているので使いやすいです。

USB接続でswitchに繋いで使用しますが、有線でしか使用できないので注意しましょう。

スマッシュブラザーズSPECIALのために購入する人が多いと思いますが、一応ほかのゲームでも使用できます。

GCコントローラーをすでに持っている、という人は接続タップを購入するのがおすすめです。

接続タップを一つ買えば4つまでGCコントローラーを接続できるので友達と家でプレイするときも便利ですよ。

スイッチ用のGCコントローラーも売っています(変換タップがないとスイッチと接続できないので注意)

マリオカート用コントローラー

マリオカート8DXを買うなら一緒に購入しておくと楽しめるのがJOY-CONハンドル。

JOY-CONをセットしてプレイするだけのものですが、家族と、友達と、家で遊ぶときにこれを使うと雰囲気が出ますし、ライトユーザーにはコントローラーより受け入れてもらいやすいです。

特に子供がプレイする場合は買っておくと喜んでくれること間違いないでしょう。

2つセットなので親子や兄弟、カップルでも使用できます。

まとめ

たくさん紹介していきましたが、絶対に買ったほうがいい! と思ったのは

・Nintendo Switch Proコントローラー

・有線LAN変換アダプタ

・microSDカード

・液晶保護フィルム

・マイク付きイヤホン

あたりですね。

通勤中など外出先で使用するなら

・キャリングケース

・モバイルバッテリー

も持っておきたいところです。

その他のアイテムは必要に応じて買っていけばいいと思います。

スイッチの周辺機器はいろいろな種類がありますが、あると便利なものばかりなのでお金に余裕があるなら快適なプレイのために買っておきましょう。

関連記事

コメント