logicoolのwebカメラc270nが格安で顔出し配信の入門編に最適【ゲーム実況】

ゲーム配信
スポンサーリンク

ゲーム実況で顔出しをしよう、と思ったら絶対に必要になるのがWEBカメラ

とはいえWEBカメラなんて家にはないし、顔出しも興味はあるけど続けるかわからないから高いのは買いたくないという人も多いと思います。

そんな人におすすめなのがLogicoolのWEBカメラC270nです。

価格が安く、顔出しゲーム実況用として基本的な機能は十分満たしている顔出し入門に最適なWEBカメラです。

 

スポンサーリンク

実際にゲーム実況配信で使ってみた

【顔出し】酔いどれふーかのソロフォトナ【Fortnite-フォートナイト】

あれこれスペックを説明する前に実際にYOUTUBEのゲーム実況配信で使った動画がこちらです。

ゲーム映像の邪魔をしないように画面左下にWEBカメラの映像を入れています。

ゲーム配信は激しい動きが少ないので綺麗に映っており、表情によるリアクションの変化もしっかり見えているのがわかりますね。

2000円で買えるお手頃価格

c270nはなんと2000円程で購入できます!

WEBカメラの価格はピンキリですが2000円で買えるのはかなり安い!

画質もよく、メーカーも信頼できるLogicoolなのでコスパの高さでいえばc270nで間違いないでしょう。

 

価格が高くても品質がいいものが欲しい、という人は同じくLogicoolのC922がおすすめです。

フルHDの画質に加えて背景の透過機能がついているので部屋の様子を映さずに自分だけをゲーム画面に自然に映すことができます。

引っかけるだけだから取り付けが簡単

モニターの上に引っかけるだけなので設置がめちゃ簡単です。

グリップ部分のおかげで引っかけるだけでも安定性はわりと高いです。

クリップ部分とカメラの角度を変えられるのでカメラ位置の調整も容易

カメラ部分が稼働するので床やデスクに直置きしても使用可能です。

ただしズームイン・アウト機能はないので自分の顔を拡大しようと思ったらカメラとの距離を物理的に近づけるしかありません。

ゲーム画面を映しているモニターにつけて使用するなら問題ないですが、大型テレビでゲームをプレイしている人などは距離の調整が難しいので注意しましょう。

接続はUSBを挿すだけなので超簡単なのも嬉しいポイント。

720p/30fps、120万画素とゲーム実況には十分な画質

ゲーム実況で使う場合、基本的に画面の隅に自分の顔を出す形になるため映る画面が小さいので画素数は120万画素でも十分です。

光量自動調整機能で多少暗くても綺麗に映りますが、部屋を明るめにしておくと映りがよくなります。

最近はYOUTUBEもスマホから見る人の割合がかなり多いので画質はある程度の水準を満たしていれば問題ないです。

内蔵マイクはイマイチなので別途マイクを買おう

スカイプやdiscordでの通話くらいなら問題ないレベルですが、ゲーム実況や配信に使うには正直厳しい音質です。

そのため、ゲーム実況に使用するなら別途マイクを購入するのがおすすめです。

また、別途マイクを用意してもマイクの設定がc270nの内蔵マイクになっていることがあるのでしっかり確認しましょう。

格安で入門編に最適なWEBカメラwebカメラc270nまとめ

初心者でも簡単に接続ができ、顔出しゲーム実況をすぐに始めることができるので配線などが苦手な人でも大丈夫。

とにかく安価で顔出しゲーム実況をしたい!

という人にはc270nは間違いなくおすすめのwebカメラです。

 

顔出しのメリットとデメリットについてはこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク
ゲーム配信
スポンサーリンク
ふーかをフォローする
やってみたいがここにある

コメント