【2019年版】スイッチでスプラトゥーンのゲーム実況・配信をするために必要な機材を紹介【YouTuber】

ゲーム配信
スポンサーリンク

突然ですが、僕は最近ゲーム実況を始めました

スプラトゥーンが楽しすぎて「みんなに見てもらってしゃべりながらプレイしたい!」

という承認欲求の化物気持ちが高まり、スプラトゥーンのアップデートの延長も重なった結果、ゲーム配信を始める決断をしました。

そんな僕がNintendo Switchのゲーム実況をするために買い揃えたものを紹介します。

この記事に書いてあるものをすべて揃えればすぐにでもゲーム実況を始められるので配信をしようと思っている人は参考にしてください。

※なおNintendo Switchで配信する場合はテレビモード以外では配信できません。携帯モードやテーブルモードでは配信できないので注意しましょう。

キャプチャーボード GC550

価格:2万円程度

 

ゲームの映像や音声をPCに出力するためのデバイスです。

switchなどの家庭用ゲームを配信するためには絶対必要なアイテム。

switchやPS4のようにHDMIケーブル接続となっているゲーム機を配信する機能があるものだと相場は20000円くらいですね。高いですがこれがないと配信できないので仕方ありません。

パススルー機能がついており、有名配信者も使っているGC550は間違いなくおすすめです。

64などのレトロゲームを配信することもできるので、昔のゲームの配信を考えている人にもおすすめです。

また、PS3はキャプボとHDMI接続できないのですが、GC550では変換アダプタが付属しているのでPS3の配信も可能です。

配信用パソコン

f:id:hu_kaa:20180708133323j:plain

価格:6万円~20万円程度

 

僕が購入したパソコンのスペックは以下の通り。

CPU  core i5-8400
グラボ インテルUHDグラフィックス630(オンボ)
メモリ 8G
HDD  1TB
電源  400W

これが一番痛かった・・・

僕の持っているノートパソコンもcore i5でメモリも8Gありました。

しかし、4年前の機種だったためかキャプボとの相性かキャプボからうまく動画を取り込めなかったり、配信ソフトがカックカクで使い物にならなかったので新しくデスクトップPCを購入しました。

PCのスペックについては購入するキャプボの要求スペックを絶対に確認しましょう

ゲーム配信するためだけ、それもswitchなどのコンシューマーゲームを配信するためのPCならキャプボの要求スペックさえ満たせば十分です。

今回はPCゲームを配信する予定はなかったのでグラボは積んでません。

CPUやメモリもキャプボの要求スペックがあればいい、というレベルでPCに詳しい友人に選んでもらいました。

もしPCゲームをやりたくなったらグラボを追加購入すればいいそうです。なお数万円する模様。

ちなみに僕は秋葉原のドスパラで59800円(税別)で買って当日電車で持ち帰りました。早く配信したかったので・・・

PCをどこで買うかについては、秋葉原のPCショップを回ったり、ネットのセールを探したりしてみた結果、ドスパラが一番コスパが高かったです。

ドスパラならネットでも店舗でも値段はほとんど変わらなかったので近くにドスパラがない人はネットで買うのがおすすめです。

だいたい2、3日で到着するみたいですね。

パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】

PC用モニター

価格:15000円程度

 

これはノートパソコンのデュアルディスプレイとして使っていたものを流用しました。

ノートパソコンしか持っていない、そもそもPCを持っていない、という人はモニターが必要になるので注意しましょう。

また、キャプボを利用したゲーム配信をする際に起きる遅延(ラグ)回避の方法として一般的なパススルー機能を利用する場合はPC用とは別にゲーム画面を出力するモニターやテレビが必要になるので注意しましょう。

モニターについては別記事で紹介しているのでそちらもどうぞ。

ヘッドセット or マイク

価格:3000円~1万円程度

 

ゲーム配信を行う上でマイクは重要です。

声が小さかったり、こもっていたりすると聴いてる人にストレスを与えかねませんし、視聴者が見るのをやめてしまうかもしれません。

僕は最初は手持ちのイヤホンマイクを使っていましたが、音質に不満があったのでコンデンサマイクMPM-1000Uを購入しました。

実際に使用してみると音質が格段に上がり、ノイズもほぼなくなりクリアな声を届けられるようになりました

本気でゲーム配信をやろうと思っているならマイクはいいコンデンサマイクを買っておくべきでしょう。

このマイクなら歌ってみた配信などにも使えます。

また、僕はモニターではなくテレビでプレイしており、マイクを配置する場所がなかったので、マイクアームを導入しました。

ポップガードも付属しており、喋るときに息がマイクにかかることを防いでくれます。

マイクアームをテーブルやデスクなどに取り付けることでマイクの位置を自由に調整できるのテレビでプレイしていてマイクを置く場所がない、という人でもコンデンサマイクを使うことができます

f:id:hu_kaa:20180917152645j:plain

 

ただし、マイクアームにセットできるマイクのサイズには注意しましょう。

僕が最初に買ったマイクアームはサイズが小さくマイクをセットできなかったため、買いなおすことになってしまいました。

上で紹介しているマイクとマイクアームの組み合わせなら問題なく取り付けられるのでおすすめです。

僕も同型を使用しています。

使用しているマイクMPM-1000Uの詳しいレビューはこちらの記事をどうぞ。

3mのHDMIケーブル2本

価格:1000円程度

 

キャプボとswitch、ゲームプレイ用モニターとの接続に2本使用

元から使っていたものだとPCの位置からだときれいに配線できなかったので購入。

十分な長さで配線をデスクの裏に隠せて満足です。

すでに十分な長さのHDMIケーブルが2本ある場合は不要ですが、キャプチャーボードにHDMIケーブルが付属していない場合もありますので注意しましょう。

配信ソフト OBS Studio

価格:無料

 

配信用ソフトは無料のOBS Studioを使っています。

GC550には専用ソフトも付属していたのですが、OBSのほうがネットに情報が多かったのでこちらを使用しています。

ゲーム実況をしている人のほとんどが使っており、設定も簡単で重宝しています。

キャプボの要求スペックを満たしているパソコンならOBSも問題なく動くはずです。

まとめ:ゲーム配信はお金がかかるけど楽しいのでおすすめ!

ゲーム配信を始めるために購入したものは一つ一つが高価なものが多いため大変でした。

総額10万円前後は覚悟しておいたほうがいいと思います。なかなかリッチな趣味ですね。

ですが、すでにスペックのいいPCを持っている人はキャプボさえ買えばほとんど配信環境は揃うと思うので半額以下で配信を始められます。

ゲーム配信は視聴者との交流は楽しいですし自分のプレイを見てくれる人がいるというのはやる気も出ます。

もちろん将来的にはお金になればいいと思いますが、趣味としても十分おもしろくおすすめできると思います。

YOUTUBEとOPENRECでゲーム実況しているのでフォローお願いします

最後に私事ですが、YOUTUBEとOPENRECでゲーム実況をしています。

主にスプラトゥーン2の動画を毎日上げて、生配信もしているのでよかったら見に来てもらえると嬉しいです。

気に入ったらフォローもお願いします。

 

コメント