配信者から見たOPENRECのメリットとデメリットまとめ

ゲーム配信
スポンサーリンク

最近ゲーム特化の配信サービスであるOPENRECでゲーム配信をしています。

まだまだYOUTUBE liveやTwicthに比べてマイナーですが、もっとOPENRECのユーザーが増えてほしいと思い、OPENRECのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メリット

配信者がまだ少ないので視聴者の目に止まりやすい

いわゆる先行者利益ですね。

OPENRECは配信に審査が必要、かつかつ収益化には有料会員登録が必要など手間がかかるため配信者がまだ少ないです。

そのため、無名の配信者でも視聴者の目に止まりやすいのが大きなメリットです。

現在の視聴者数順にソートされているので、視聴者数が少なくても時間帯によっては上位表示も狙えます。

e-sportsはこれから熱い業界ですし、OPENRECもまだまだ有名になっていくはずです。

いまのうちにファンを獲得できればプロゲーマーも夢じゃないかもしれません。

日本産のサービスのため、配信者も視聴者も日本人ばかり

OPENRECは日本のサービスです。

YOUTUBE liveやTwicthでは海外のユーザーも見るため、洋ゲーの人気が高かったりしますが、日本人ユーザーがほとんどのOPENRECではスプラトゥーンのように日本で有名なゲームが人気があります

このあたりは相性ですね。僕はあまりSteamなどの洋ゲーはやらないのでOPENRECとの相性はよかったです。

ライブ配信がメインなので動画編集技術が不要

f:id:hu_kaa:20180712212412p:plain

動画投稿機能はあるのですが、利用している人がほぼおらず、メインはライブ配信です。

そのため、動画編集技術がなくても人気配信者になることも十分に可能です。

YOUTUBEだと動画投稿も重要なコンテンツなので動画編集技術がないと人気YOUTUBERになるのは難しいですからね。

任天堂ゲームのライブ配信で収益化ができる

これがかなり大きなメリットですね。

OPENRECでは任天堂のゲームのライブ配信で収益化ができます

YOUTUBEではクリエイターズプログラムに参加しても任天堂ゲームのライブ配信では収益化ができません。収益化できるのは動画投稿のみです。

スプラトゥーンやマリオ、ゼルダの伝説など実況向けのゲームをライブ配信向きのゲームも多く、子供から大人まで人気のあるゲームが多い任天堂ゲームで収益化ができるのはOPENRECだけです。

かくいう僕もスプラトゥーン2のライブ配信がメインなこともあり、OPENRECを選びました。

 

任天堂の配信などに関するガイドラインが公開されたことでYOUTUBEなどのサイトでも任天堂ゲームのライブ配信を収益化できるようになりました。

ネットワークサービスにおける 任天堂の著作物の利用に関するガイドライン

よってこの点に関してはOPENRECの優位性はなくなってしまいましたね。

収益化のハードルが比較的簡単

YOUTUBE liveで収益化のためにチャンネル登録者数が1000人以上と高いハードルがあります。

ですが、OPENRECではクリエイターズプログラムに参加するだけで収益化が可能になります。

クリエイターズプログラムはプレミアム会員なら審査を通るのも難しくありません。

もちろん収益を得るのは大変ですが、収益化のハードルという点ではかなり容易なサービスですね。

動画を見る際に出てくる広告とユーザーによるエールという投げ銭サービスが収益源となります。

バックグラウンドでも視聴できるアプリが優秀

OPENREC.tv

OPENREC.tv
開発元:CyberZ, Inc.
無料
posted withアプリーチ

OPENRECは公式アプリがとても使いやすく、PCサイトとそん色ない使い心地を実現しています。

検索もしやすく、全画面で視聴しながらコメントを追うこともできるのでスマホユーザーも見やすい。

また、YOUTUBEではできないバックグラウンドで動画を再生することもできるので、好きな配信者の実況だけを聴くという使い方もできます。

アプリが優秀だとスマホで動画を視聴する若者層が気軽に見てくれる可能性が増えるので配信者側としてもありがたいですね。

画質やラグなど配信環境も十分

画質は2500kbsで十分綺麗な画質です。

ラグは10秒から15秒程度ありますがゲームをしながら常にコメントチェックできるほど余裕がないので問題ないと思います。

僕は視聴者側でもOPENRECをよく利用していますが十分見やすいですね。

デメリット

審査に時間がかかる

OPENRECは配信するために審査が必要です。

審査には3日ほどかかり、さらに任天堂ゲームの配信や収益化にはクリエイターズプログラムの審査も通らなければなりませんが、こちらも3日ほどかかります。

少なくともOPENRECで配信しようと思ってから1週間は配信するまでかかると思っていたほうがいいでしょう。

収益化にはプレミアム会員登録が必須

収益化にはクリエイターズプログラムの参加が必要ですが、これは月額540円のプレミアム会員しか参加できません。

自分の配信で収益が出てなくても月額540円がかかるのはためらう人もいると思います。

ストリームキーを配信のたびに入れなければならない

ゲーム配信をするには配信ソフトにサーバーURLとストリームキーを入れなければなりません。

YOUTUBE liveなどでは一度設定すれば変える必要はありませんが、OPENRECでは配信のたびに設定しなおさなければなりません。

コピペでちょちょいのちょいとはいえ、毎回手間が増えるのは手間ですね。

再生数100以下のアーカイブ60日で削除される

チャンネルフォロー数1000未満のアカウントの再生数100以下の動画は60日間でアーカイブから削除されます。

弱小配信者には厳しい制限ですが、そもそも弱小配信者のアーカイブを見る人はほとんどいないのでダメージは少なめです。

もし必要なら配信時に動画を録画しておいてYOUTUBEなどにアップロードしておくといいでしょう。

まとめ:これからゲーム配信を始めるならOPENRECがおすすめ

OPENRECはこれからゲーム配信を始める人には間違いなくおすすめのサービスでしょう。

審査に時間がかかったりもしますが、まだできて間もないサービスだからこそほかのサービスよりも目立つチャンスは多いです。

収益化のハードルが低いのでモチベーションになるのも大きいですね。

ゲーム配信を始めることを考えているなら一度視聴者としてOPENRECを利用してみるのもおすすめです。

OPENRECでゲーム配信しているのでフォローお願いします

僕もOPENRECというゲーム配信特化サービスでスプラトゥーン2の配信をしています。

全ルールウデマエXなので、自分で言うのもなんですが実力はあると思います。

よかったら配信を見に来てもらえると嬉しいです! 気に入ったらフォローもお願いします!

スポンサーリンク
ゲーム配信
スポンサーリンク
ふーかをフォローする
やってみたいがここにある

コメント